Twitter facebook

基礎科

講師紹介

森本浩史監督 日本大学芸術学部卒業。1981年東映京都の契約助監督となる。1999年、テレビ時代劇「暴れん坊将軍」で監督デビュー。主な作品に「科捜研の女シリーズ」「相棒」「水戸黄門」他多数。
平田博志監督 九州大学卒業。1980年東映京都テレビプロダクションにて助監督となる。1991年テレビ時代劇「おらんだ左近秘剣帳」シリーズで監督デビュー。以後も「大江戸弁護人」シリーズ、「遠山の金さん」シリーズなどを監督。その他テレビ作品以外に京都市の人権啓発映画「約束」「君の心にパス」「二つめの門」など。舞台演出では、アガサ・クリスティ作「招かざる客」を京都府立文化芸術会館でおこない、自作の「ぎんなん屋事件帳Ⅱ」などで京都演劇フェスティバルにも参加している。
岩上 力発声担当 舞台芸術学院、日本演技アカデミーを経て、劇団「新国劇」に入団。辰巳柳太郎の内弟子となり、所属俳優「大和学」として、同期の桜の舞台をはじめ、NHK大河ドラマ(春の坂道)、東映では(宮本武蔵 ・ 仮面ライダー)など多数の作品に出演。緒形拳、若林豪、中村錦之助(萬屋錦之介)、大川橋蔵、片岡孝夫(片岡仁左衛門)、吉永小百合など、多数の名優と現場を共にする。退団後、劇団ちから座を主宰する共に、京都文化や儀礼作法の第一人者としてテレビ・ラジオに出演。NHK京都文化センター、京都新聞文化センター、京都商工会議所「京都・観光文化検定試験」専任講師をはじめ、京都新聞に「京の言い伝え」を連載するなど幅広く活躍中。
清家三彦東映剣会殺陣師 「将軍家光忍び旅」で殺陣師デビュー。その後「水戸黄門」・「半七捕り物帳」・「あばれ医者嵐山」・「阿部一族」・「将軍の隠密・影十八」、映画「必殺6」などを手がけ、若手殺陣師として高い評価を得ている。
細川純一俳優 名優 故・鶴田浩二に師事。東映京都を中心に、テレビ・映画・舞台などに40年以上、俳優として幅広く活躍中。代表作に映画「冬の華」「蒲田行進曲」など多数。東映剣会を経て、養成所では殺陣・作法を担当。
若柳佑輝子【四世家元 若柳壽延 長女】 平成7年(当時4歳)初舞台。以降、数々の舞台経験をかさね、平成17年(当時14歳)で若柳佑輝子の名を許される。京都光華高等学校で講師をつとめるほか、立命館小学校の指導やTED×KYOTOでプレゼンテーションをおこなうなど、日舞を幅広く次世代へ伝承している。
江波未有ダンスカンパニーディ二オス 舞踏家 ダンス担当1969年ステージダンスの専門スタジオとして開設以来、多くの舞踏・舞台関係者を養成・輩出する渡辺ステージジャズセンターに所属。国内外の数多くのダンス、ミュージカルに出演。現在も一線で活躍しながら、授業ではコンテンポラリーからストリートダンスまで幅広い経験をもって指導。
東和美粧 メイク担当1970年設立。現代ドラマ、時代劇問わず、ヘアメイク・床山・結髪を担当。 テレビ「科捜研の女」や映画「利休にたずねよ」など、東映京都撮影所で製作の作品を一手に引き受ける。 そのほか東映太秦映画村の「時代劇扮装の館」をはじめ、舞台・イベントも担当。
野口 藍着付担当 2006年 京都造形芸術大学 映像・舞台美術学科を卒業後、東映京都撮影所 衣裳部に所属。映画「源氏物語」やテレビ「柳生一族の陰謀」「濃姫」などの時代劇をはじめ、「京都地検の女」「おみやさん」など現代ドラマに携わり、現在は東映にとどまらず、松竹撮影所や京都造形芸術大学の講師として幅広く活躍。
佐藤宗陽裏千家茶道家 茶道担当。(裏千家)