facebook

シナリオ通信科

contents

関連サイト

  • 東映太秦映画村
  • 東映京都ナビ
  • 東映京都撮影所
  • 東映株式会社

講師紹介

松原佳成
脚本家
東映企画本部脚本部に入社。「赤銅鈴之介」シリーズでデビュー。「七色仮面」・「アラーの使者」・「ロボタン」・「非情のライセンス」・「神州天馬峡」「必殺」シリーズなど作品多数。
鳥居元宏
脚本家・映画監督
早稲田大学卒業後、東映に入社。内田吐夢・田坂具隆・マキノ雅弘監督などの助監督を勤めたのち「十七人の忍者・大血戦」で監督デビュー。その後「侠客の掟」・「三匹の牝蜂」などを手がける。脚本作品として「昭和残侠伝」・「兵隊極道」・「緋牡丹博徒・花札勝負」など多数。テレビでも「銭形平次」・「遠山の金さん」・「暴れん坊将軍」シリーズなど多数の作品がある。
上杉尚祺
監督
早稲田大学卒業後、東映に入社。河野寿一監督・松尾正武監督に師事。55年「長七郎天下御免」でデビュー。主な作品に「三匹が斬る」シリーズ・「遠山の金さん」シリーズ・「銭形平次」シリーズ・「大江戸弁護人」山村美沙サスペンス・土曜ワイドなど、現代劇も多数の作品がある。
小野伸子 東映俳優養成所シナリオ科出身。シナリオ作家協会会員。テレビ「部長刑事」で脚本家デビュー。以降「キスした?スマップ」「仲居くん温泉」などを執筆。また、舞台の脚本も手掛ける。